読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしい牛乳屋さん

メンタル弱々主婦の妊娠生活の記録

【17w2d】妊婦検診とトリプルマーカーの結果

 

 

楽しみにしていた妊婦検診。

前日はワクワクしすぎてテンション高かったです。

 

この日から腹部エコーになりました!

脱がなくていいからとっても楽!

 

そして、夫と一緒にリアルタイムで赤ちゃんを見れるのでそれも嬉しかったです。

 

 

最初に見たときは、手で顔を隠してました(笑)なんでー!顔見せてよー!

その後は、足を動かしたり手を動かしたり元気な姿を見せてくれました。

なんだかちょっと嫌そうで、

『寝てたのに~起こさないでよ~』

と言っているみたいでした(笑)

 

手も足もすらっと長くてもしかしてモデル体型?!なんて言ってました(笑)

平凡夫婦なのでそんなはずはないと思うのですが。。

 

 

性別を聞いてみたところ、「後で見ましょうね~」と言われ、後ほど違う角度からお股を確認しました。

「ついてなさそうだね~。女の子かな。」と言われ、夫と顔を合わせ「やっぱりか~」と言い合いました。

 

その直後、「あ!ごめん!ついてる!へその緒に隠れてて見えなかった!小さいけどあるよ!」と言われ爆笑。

予想外の男の子!!!

う、う、うれしい!!!

 

 

先生に「そろそろ胎動わかってきた?」と聞かれて、あ!やっぱりあれは胎動だったんだ!と確信。

確かにお腹がぐるぐるなるのとはちょっと違う感じがします!明らかに内側から触られてる感じです。こんな私でも胎動に気付けました!良かった!

夫にも手を置いてもらって「ほら!今の!」なんて興奮気味で話しますが、全然分かってもらえません。これは内側だけの感覚なのでしょうか?

寝る前に夫に絵本を読んでもらうのですが、その時、ずっと動いてる感じがして面白いです。愛しいです。

 

 

トリプルマーカーの結果は、染色体異常のある確率は低いとのことでした。

あの少しの浮腫みはなんだったんだろう。

私はあんまり心配してなかったのですが、夫はすごく安心してました。

 

 

 

やっと安定期に入ったんだな~と改めて実感しました。

 

盛りだくさんの投稿失礼しました。

 

 

【16w2d】安産祈願へ行ってきました

 

 

戌の日ではないですが、水天宮へ安産祈願へ行ってきました。

 


f:id:milk1991:20170418190512j:image

 

戌の日ではなかったですが、混雑してました。(安産祈願の方だけでなくお宮参りの方もたくさんいらっしゃいました)

 

 

お義母さんもわざわざ来てくださって、三人で行きました。

到着して受付したらすぐ呼ばれてご祈祷。

すごくスムーズに終わりました!

 

その後、少しお茶して帰りました。

体調が良くてよかった!

 

 

 

17日が戌の日なので、お家でお風呂入って清めた後、さらしを主人に巻いてもらいました。

 

 

つわりでたくさん苦しんだので、出来ればあんまり苦しまずに出産できますように。

 

 

 

少しお腹が出てきました!

 

早く胎動を感じたいです。

私はよくお腹がぐるぐると動くので(消化で)、すぐ胎動に気づけるのかな?

胎動ってどんな感じなんでしょうか。

楽しみです。

 

 

 

 

【15w0d】トリプルマーカーやってきた

 

今日は検診ではなく、トリプルマーカーをやってもらってきました。採血です。

 

トリプルマーカーとは、血液中の成分の濃度を調べることで、赤ちゃんに染色体異常がないかを調べる検査です。

 

ただし、この検査で「染色体異常がある」と確定できるわけではなく、あくまでも発症している確率を推定するためのもので、その後に羊水検査や絨毛検査などの確定検査が必要になります。

 

HPから引用してきました。

 

 

 

前回の検診で「首のむくみ」が少しあったので、主人と相談してトリプルマーカーだけ受けることにしました。

 結果がどうであれ、羊水検査は受けません。感染症や流産のリスクが怖いので・・・。

 

この検査で赤ちゃんの染色体異常がある確率が高かったら、赤ちゃんが産まれるまでにもっと勉強しとかなきゃだ。

 

次の検診のときに結果がわかるみたいですが、私はそんなにドキドキしてないです。

 

元々、私は入院する前まで障がいのある子どもたちの療育や支援のお仕事をしていたので、多分、障がい者と関わりのない方より、障がいがあるとかないとかそんなに気にならないのだと思います。

 

 

それより、エコー!

はやく赤ちゃんが見たい!

 

この時期の妊婦検診は1ヶ月に一回なので、不安じゃないですか?!

 

つわりも落ち着き、まだ胎動もないので、本当に赤ちゃんいてるの?!って思ってしまいます。

 

 

それでも、今週に入ってから急にお腹がふっくらしてきました。赤ちゃん、大きくなってるのかなー?

 

 

あ、

 

唾液づわりが落ち着いてきました。歓喜

 

少し疲れる?負担がかかると出始めるのですが、だらだらしてるときは全然唾液が出なくなりました。

 

良かった~。

 

 

 

 

【14w2d】よだれづわりが地味につらい

 

今日で妊娠100日!

主人が教えてくれました。

予定日まであと180日なんて、長いです。泣

 

相変わらず、朝は起きるとまず咳き込んで、胃液か何かを吐き出してから炭酸水(三ツ矢サイダーかマッチかCCレモン)を飲んで落ち着かせます。

 

お昼ごはんを吐くこともありますが、吐くとすっきりするようになりました。前までは吐いたらそれがきっかけで吐き続けていたので、良かったです。

 

 よだれづわりは一日中寝る直前までずっと続いてて、外出するときもタオルに唾液を吐き出しています。唾液を出すので喉も乾くし、唾液を吐き出す作業も地味に辛い。

 

ただ気持ち悪い時間が本当に減ってきて、余裕がでてきました。

 

明日からは父からもらった塗り絵をしたり、赤ちゃんグッズを作ったりしたいです。

 


f:id:milk1991:20170401175941j:image

 

ベトナムのお土産と私の大好きなサンリオの塗り絵です。産まれるまでに完成させたいな。

 

 

 

 

 

【13w0d】妊婦検診で首のむくみ発覚

 

 

こないだの妊婦検診でいつものようにエコーを見ました。

以前見たのが9週目。

 

4週間でかなり大きくなってました!!!!

 

 

思ったより大きくてびっくり!

赤ちゃんは13週目には珍しく手を開いてばいばーいと手を振ってました。

またアピールしてる、うちの子(笑)

 

 

元気で良かった~と思ったら、

 

 先生から「首のむくみが2.5cmある」とご指摘を受けました。

 

???

 

どういうことか全然分からなくて、「首がむくんでるってどういうことですか?」と質問。

 

どうやら首のむくみがあると心疾患があることが考えられるらしいです。

 

通常は1mmくらいなんだけど、2.5mmは少しむくんでいるみたいです。

 

心疾患を疑うのは3.0mmかららしいので、正常の範囲内ではあると言われました。

でも、不安。

 

 

私が塩分取りすぎたからかな?とか、妊娠わかるまで薬飲んでたからかな?とか、めっちゃ自分責めました。

 

特に、12週目は塩分が多いもの食べ過ぎてて、ポテトチップスは毎日のように小袋2袋食べてた。「食べづわりだから今は仕方ないよね~」なんて言い訳してた私をぶん殴りたくなりました。

 

私が塩分取りすぎてたのは関係あるか分かんないけど、これを機に心を入れ替えました。

 

 

「私は赤ちゃんを守らなくちゃ!!!!」

 

 

食べづわりだからとかもうわがまま言わない!塩分控えよう!

そして、この日からポテトチップス絶ちをしました。どうしても食べたくなったら、れんこんをオリーブオイルで揚げて食べました。

 

早く次の検診の日にならないかな。

早く元気な赤ちゃんを確認したいです。

 

 

 

 

 

 

 

【妊娠8w~10w】重症妊娠悪阻で入院②

 

 

妊娠8週目

 2月18日(土) 

一時退院。不安な気持ちが大きかったけど、見も心も疲れきっていたので気分転換に退院。朝の6時頃から点滴を開始して2本だけ入れてもらって退院しました。

私はにおいにもめちゃくちゃ敏感になっていて、食事のにおいだけじゃなくて、看護師さんの匂い、夫の匂い、外気の匂いすら気持ち悪くなってしまっていました。

なので、家に帰ると夫が徹底的に掃除して匂いがないようにしてくれていました。

食事も、夫は外で食べてきてくれました。

私も何か食べてみようと思い、素麺も茹でてもらったのですが、素麺の匂いがキツすぎて一口でギブアップ。それでも一口食べられて嬉しかったです。

 

2月19日(日)

母が心配して遠方から訪ねてきてくれました。母に会うとすごく元気が出ました。というか、元気な顔を見せなくちゃと思ったんだと思います。

しかし、点滴をはずしての生活は久しぶりだったので、また脱水症状。尿も一回も出ません。

その日、一晩中吐き続けました。

真っ黒な血もまた吐き、苦しくて苦しくて、「救急車を呼んで欲しい」と初めて言いました。でも、もうすぐ朝だったので、母に病院に連れていってもらうことにしました。

朝になり、少しうとうと寝ました。

起きるとすごく喉が乾いていました。母にお茶を飲ませてもらって、でもまた吐いてしまいます。それでもすごく喉が乾いて、飲みたくて飲みたくて、飲んでは吐くを繰り返しました。身体に全く力が入らず、母に着替えを手伝ってもらいタクシーに乗って病院へ行きました。

また即入院になりました。

手際よく用意をしてもらい、またすぐ点滴に繋がれました。ここでまた点滴が刺さらなくて2人の看護師さんに交代でやってもらいました。

点滴をしてしばらくすると、喉の乾きがなくなりました。

「やっぱり退院するのは早かったね~」「お帰り~待ってたよ~」と看護師さんたちに笑って言われました。なんか安心しました。

 

2月21日(火)

久しぶりにお腹がすく感じがしました。もしかして食べられるかも?と思い、病院食でフルーツだけ出してもらうことにしました。

この日はりんごを一切れ、しかも、吐かずに食べられました!

 

妊娠9週目

2月23日(木)

この日から点滴の本数を4本から3本に減らすことになりました。この日はオレンジと夫に買ってきてもらっていた食パンを食べました。

調子が良かったので、診察してもらいました。入院してると、こんな感じでふらっと診察してもらえるので楽でした。

エコーで初めて我が子が動いてるのを見ました。手足をピョコピョコ動かして、まるで「ここだよ~」とアピールしているようでした。可愛いかったー。

 

2月24日(金)

夕方からが一番調子が良いので、夜ご飯だけ、ご飯と汁物とフルーツを出してもらうことにしました。冷ましてから食べると半量なら食べられました。

 

2月25日(土)

点滴を3本から2本に減らしてもらいました。腕は注射跡とアザだらけになっていました。血管がもろくなっていたみたいで、毎日のように針を差し替えしてもらっていました。すぐに液が漏れて腕がパンパンになって、針が血管に当たっていたのか少し痛かったです。すぐにダメになっちゃうので、看護師さんに腕が腫れてるのも言い出しづらかったなー。

点滴って刺すの痛いですよね。

 

 

妊娠10週目

3月2日(木)

この日は朝しか吐きませんでした。昼ごはんも出してもらい、退院にむけて点滴もなしで過ごしました。お腹が減って、食パンや赤ちゃんせんべいをたくさん食べました。

 

3月3日(金)

夫が買ってきてくれた肉まんを半分完食。久しぶりの肉!

 退院しても大丈夫と、自信がついてきました。

 

3月4日(土)

退院。看護師さんたちに「また帰ってきてもいいからね」と言われました(笑)

長い入院生活もおしまい。

10週目からは吐かない日も出てきました。信じられなーい。嬉しいー。

 

退院してから、お家に引きこもり生活。お家にいても食べるか寝るかしかしてないです。入院中と同じような生活を家で送っています。

 

家事全般も主人がやってくれてます。甘えまくってます。

体重はマイナス6kgでした。体力が全くなくなり、買い物はもちろん、お風呂に入るのもしんどくなってしまいました。

これから少しずつ体力回復していかなくちゃ。

 

 

 

悪阻のピークを越えて本当に嬉しかったです。相変わらず気持ち悪さは続いていますが、それでも確実にだんだん悪阻がなくなってきているのがわかりました。

 

悪阻は、いつ終わるか分からない辛さもあります。実際に産むまで続いた人もいるらしいです。

それでも「必ず終わる。もしかしたら今日で終わりかも」と思って、一日一日を乗り越えました。

 

 

重症妊娠悪阻になって、「どうして私がこんなに苦しまなくちゃいけないの」と思ったことも何度かありました。

今思うと、赤ちゃんがいつも死にたがってた私に「ちゃんと生きて」「もっとまわりのひとに頼っていいんだよ」と教えてくれてたのかなと思います。

 

たくさんの人に迷惑をかけてしまったけど、「全然迷惑なんかじゃないよ」「もっと頼って」って言われて、私が思っているより世界は優しいなと身をもって感じました。

 

一人じゃ耐えられなかった。

夫、お母さん、職場のみんな、友人、たくさんの人に支えてもらいました。

 

 

重症妊娠悪阻は、弱々な私にとってなくてはならないものでした。

 

「頼る練習」「たくさんの人の愛情を感じること」「自分を大切にすること」

普通のつわりじゃこんなに得るものはなかったと思います。 

 

 

まぁ、それでもこんなしんどい思いはもう2度経験したくないですけどね。一億円もらっても絶対無理だ(笑)

 

 

 

 

 

【妊婦6w~7w】重症妊娠悪阻で入院①

 

 

つわりのピークの話をします。

 

吐きづわり、食べづわり、唾液づわり。

すーべてつわりの産みの親ぁ・・・

 

と、言いたくなるところですが、、

とにかく、これでもかってくらいつわりに苦しめられました。

 

もともと嘔吐しやすい体質というか、不安になったり、食べ過ぎたりすると、すぐにもどしてました。

なので、いつから精神的なものではなくつわりによる嘔吐なのか不明です。

 

 

 

 

妊娠6週目

1月31日(火)

朝、嘔吐して、それからしばらくしても気持ち悪さがおさまらず、タクシーで仕事に向かいました。職場でも仕事にならず、ずっと休憩させてもらっていました。(優しい人ばっかりの職場で本当に助かりました。)

この日は絶えず飴を食べていました。飴を食べていると、少し楽な気がしました。

 

2月3日(金)

初めて仕事を休みました。朝から吐いて吐いて吐いて、電話も泣きながらかけました。

この日から急にひどくなりました。

座っていて、少し体勢を変えると吐く。その繰り返しでした。

後から思えば、この頃、尿が全く出てなかった。

 

 2月4日(土)

朝から吐き続けていました。何も食べていないのに吐くので、とうとう血も吐きました。真っ暗い血でした。何か飲もうとして、ポカリを飲むのですが、それもまた吐いてしまい、その日のうちに産婦人科へ。

重症妊娠悪阻で即入院となりました。

着替えも看護師さんに手伝ってもらわなくちゃできなくて、身体もふらふらだったのでされるがままになっていました。

点滴をすぐ始めたのですが、脱水になっていたため血管がでなくて3回ほど打ち直しに。

 その後、吐き気止めと胃薬も入れてもらい、若干楽になりました。相変わらず血を吐いていましたが、脱水がましになり意識がしっかりしてきました。

 

2月5日(日)

夜中も寝返りをうつ度に嘔吐してしまい、なかなか寝られません。吐き気止めを入れてもらっても、2時間くらい眠れるけど、それ以上に副作用の全身がむずむずする感じが耐えられないし、結局気持ち悪いのは治らないし、入れてもらうのを止めます。

 3日ぶりにシャワーをするが、湯気がマヨネーズのような匂いがする気がします。それで気持ち悪くなり、そしてめちゃくちゃ疲れる。

「もう赤ちゃん、私のことを苦しませないで」と思う。本当につわり、頑張れるのかな。

 

2月7日(火)

この日も朝から吐き続け、30回ほど嘔吐。 看護師さんの前や夫の前でも我慢できずに吐いてしまってました。

テレビやスマホを見るのがしんどくなりました。特にSNSに載ってる手作りご飯を見ると気持ち悪くなって吐きました。

何をしててもしんどくて、ひたすら壁を見つめて時間が過ぎるのを待ってました。咳き込みすぎて、腹筋が筋肉痛になり「はやく楽になりたい」そればっかりずっと考えてました。

夫は毎日、仕事終わりに面会に来てくれました。いつも「何が欲しい?」と聞いてくれるのですが、毎回ティッシュと言っていました。入院中は箱ティッシュを1日1.5箱ペースで使っていました。余談なのですが、唾液を出すためにティッシュが欲しかったのですが、夫はいつも高級な少しウエッティティッシュを買ってきてくれてました(笑)

病院では食事を出してもらわず、食べられるものを持ってきてもらうように言われてたのですが、この時は飴(いちごの飴限定)を持ってきてもらってました。

 

 

妊娠7週目

2月9日(木)

吐きすぎて胸のあたりが痛くて呼吸がしづらい感じがしました。この時で一日に50回ほど吐いてます。部屋中エチケット袋だらけになってました。喋るのもしんどい。「今日もはやく過ぎて」と祈るばかりです。唯一食べられていた飴すら食べられなくなります。

吐くときに何か飲んでいた方が楽かと思いポカリを飲んでいたのですが、ポカリを飲むせいで、点滴の栄養まで吐いてしまっていました。そして脱水になり、また尿がでなくなりました。

自分で何かを摂取するのは、吐いた後に水でうがいするだけにしました。

母から励ましのLINEが毎日きていたのですが、この日は精神的にもまいってしまっていて、怒ってしまいました。

母「赤ちゃんと楽しめることしてみたら?」

私「余裕ない。楽な時間あったら休みたい。もう吐きすぎて喉痛いし胃もひっくり返りそうだし心臓も痛いし呼吸することにも必死なんだけど。」

今思うと母の気も知らず、ひどいですね。最近、電話して謝りました。

 

2月10日(金)

寝たきり。とうとう私の喋る言葉も看護師さんに聞き取ってもらえなくなります。(この日くそ辛かった。多分ピーク)

点滴が刺さらなくて結局関節の近くに刺してもらうけど、腕少し曲げる度にピーピー鳴らしてしまい、看護師さんに来てもらうの申し訳なかったな。

呼吸がしづらくて、もう身体もたないんじゃないかと思いました。

1ヶ月前まで毎日死にたかったのに、今必死で生きてて、自分の命を削りながら生きてて、不思議なことに全く死にたいなんて思わなくなってました。

むしろ生きたかった。

普通に呼吸して、普通にご飯食べて、普通にしゃべれて、そんなことがしたくてたまりませんでした。

 

2月13日(月)

吐く回数が50回から30回ほどに減りました。

もしかしてピークを越えたかもと思うと嬉しかったです。

テレビを見る余裕も出てきました。CMのチャーハンとか見るとうえっとなりますが、ご飯と関係ない番組は見られるようになりました。

私は個室ではなく二人部屋に入院していて、一人空いてたのですが、そこにとうとう産んだばっかりの方が入院されました。

最初は、夜中に吐くときとかうるさくて申し訳ないなと思っていたのですが、それよりも辛いことが2つありました。

それは、食事の匂い。これは運ばれてくるとき仕方ないのですが、必ず吐いてしまいました。

もう一つは、昼間の面会。旦那さんやご両親、たくさんの方の幸せそうな声が何故か私の寂しさと辛さを加速させました。

泣きたかったのですが、入院中は脱水のせいで涙が全く出ませんでした。

 

2月14日(火)

咳き込むとあばらに激痛。ついでに診察してもらうことになりました。

診察室まで片手に点滴、片手にエチケット袋を持ちゆっくりゆっくり行きました。途中、待合室で視線を感じながら(笑)

あばらは咳き込みすぎだと言われました。折れてると思ったのですが、全然折れてはなかったみたいです。

赤ちゃんは、すくすく育ってました。お母さんはこんなに苦しいけど、赤ちゃんはちゃんと大きくなってました。エコーを見ると少し元気が出ました。また、私の病室に来る看護師さんたちがみんな、エコーを見ていってくれて「可愛い~!」と言ってくれました。

私の子どもって可愛いんだ、と初めて思いました。

 

2月15日(水)

夫に職場に行ってもらい、話をしてきてもらいました。そして、退職することに決めました。いつ復帰できるか分からなかったし、早く復帰しなくちゃという焦りもあったので、退職することに決めて、気持ちも楽になりました。

この日の夜、個室に移ることになりました。

食事の匂いから解放されると思うと嬉しかったです。

 

 

 

 

以上が7週目までの記録です。

 

思い返すと、本当に辛かった。人生で何度も死にたいと思ったことはあっても、「死ぬかもしれない」と思ったのは初めてでした。

嘔吐するのもしんどかったのですが、それより呼吸がしづらくて息苦しくて窒息するかと思いました。

あと、身体中がしわしわでカサカサで粉をふいていて、見るからに脱水!潤いゼロでした。看護師さんからは、「おばあちゃんみたいな腕だね」と言われました。ひどい。